《欧亚美术》  犍陀罗艺术 

Gandhara Antiques specialty shop
 

■店舗案内

■ご注文方法

 Column

COLUMN 33


インド・グリークとガンダーラ
 


 ガンダーラ地方から出土する化粧皿は紀元前
1世紀〜後1世紀ぐらいと考えられています。ここに出した化粧皿(の優品の方)はおそらく紀元前50〜後50年の間のものと推定されます。後期ヘレニズムです。前掲のシリア出土の2世紀といわれるレリーフと比較しますと違いがあります。シリア出土のそれは様式化・硬直化したローマです。それに反してこの化粧皿はヘレニズムと言えるでしょう。

 前掲の右肩の欠損した化粧皿も同じ神話を表したものです。同一作者のものではと思われるほど彫刻は似ています。こんなギリシャ神話を愛し彫刻化した人がチャルサダに住んでいたということです。すなわちギリシャ文化(ヘレニズム)を持ったインド・グリークがペシャワールの少し北の地に住んでいた。確かに、近年イタリア学衛隊のスワート・ブトカラの発掘によりインド風な稚拙な彫刻が多数出土し、ガンダーラで最も古いのではないかと考えられています。その通り、これらのブトカラの彫刻が一番古いのではないかと私も考えます。しかしだからと言って、チャルサダあたりにあるインド・グリークのヘレニスティックな彫刻がガンダーラと無関係であるはずがありません。

 ここで、ローマ美術の影響があることを考え合わせなければなりません。ガンダーラにおけるグレコ・ローマンの影響はギリシャでなくローマだと主張する学者がいます(特にアメリカ)。時代的にもガンダーラはローマ時代に対応します。ローマの影響が強くガンダーラにはあります。私は常々言っていますが、アフガニスタンのハッダは文化的ローマの植民地だと思います。
 

 有名になったスイスのオルティス・コレクションのローマ風な菩薩の大理石の頭部は、ローマ彫刻との対比から2世紀後半と考えられています。ローマで作られたものかも知れません。
 


 


 2世紀後半あたりからローマの直接的な影響をガンダーラは強く受けます。しかしそれとギリシャ(ヘレニズム)の影響とは別ものです。ガンダーラにおけるグレコ・ローマンの影響と言っておけば一番無難ですから皆この言葉を使います。しかし、ギリシャとローマは別ものです。分けて考える必要があります。先に見たシリア出土のレリーフはローマです。


 


 


 
ギリシャ・ローマ美術の専門家であるイギリスのJohn Boardmanは、このレリーフは衣服の様式からしてギリシャだと言います。(The Greeks in AsiaThames & Hudson)

ガンダーラ初期にはギリシャ、インド・グリークを通してのギリシャ(ヘレニズム)の影響があり、しかる後にローマの直接の影響を受けると考えるのが正しいのではないでしょうか。
 


 

 

 Copyright(C) 2005 Eurasian-Art Inc. All Rights Reserved.