《欧亚美术》  犍陀罗艺术 

Gandhara Antiques specialty shop
 

■店舗案内

■ご注文方法

 

前のページ   1   2     次のページ
 
商品画像をクリックすると、より大きなサイズでご覧いただけます
商品一覧
No.g315
菩薩坐像
雲母片岩、H.56cm、
バジョール出土、A.D.3〜4C
No.g531
化粧皿
ステアタイト、
B.C.1〜A.D.1C、D.9.5cm
No.g532
化粧皿
緑泥片岩、
B.C.1〜A.D.1C、D.11cm
No.g576
少女頭部
雲母片岩、A.D.2〜3C、
ガンダーラ北部出土、H.12cm、優品
特価 \180,000.
 
 
No.g604
ワイン造り・男女交歓
雲母片岩、A.D.2〜3C
H.16cm×W.57cm
No.g624
老人バラモン
雲母片岩、A.D.2-3C
H.10cm×W.12cm


特価 \60,000.-
No.g633
ライオン
ストゥッコ、A.D.3-4C
H.10cm×W.24cm
彩色残、割直しあり

\280,000.-
 
 
No.g635
仏足跡
大理石、A.D.6-9C
8.5cm×8.5cm×3cm
カシュミール
\250,000.-
No.g638
ガンダーラ・ランプ
石、A.D.3-5C、
スワート出土、
H.4cm×W.12cm
特価 \150,000.-
No.g643
仏 手
雲母片岩、A.D.2-3C、
L.14cm

特価 \50,000.-
No.g647
仏 手
雲母片岩、A.D.2-3C、
H.9cm

特価 \50,000.-
 
No.g649
死女が子を生む話
(Nursing of the Dead Woman)
雲母片岩、A.D.2-3C、
H.21cm、割れ直しあり
非常に数の少ない説話です。
Very rare panel.
No.g652
仏陀坐像

雲母片岩、A.D.2-3C、
H.27.5cm、スワート出土
鼻、まゆ修理
No.g656
シヴァ壺(化粧皿)

緑泥片岩、A.D.7C前後、
13cm×13cm、
チクワール出土
No.g658
仏陀並坐像

雲母片岩、A.D.2、
H.13cm×W.22cm、
背後のギザギザは山岳を意味する。

特価 \120,000.-
 
 
No.g662
供養者礼拝図

雲母片岩、A.D.2-3C、
H.15cm×W.27cm、
直しなし
特価 \360,000.-
No.g670
マーラ(?)頭部
雲母片岩、A.D.2-3C、
H.6cm

特価 \80,000.-
No.g681
仏 頭
雲母片岩、A.D.2C、H.14cm
左頬、首に直しあり
 
       
No.g687
仏陀坐像
緑泥片岩、
A.D.3C、H.41cm
バジョール出土
額のキズ修理可
 No.g689
仏陀坐像
雲母片岩、
A.D.3-4C、H.19cm
バジョール出土、
直しなし
 No.g693
飾り仏陀
ストゥッコ、
A.D.4-5C、H.20cm、
左目少し直しあり
No.g694
ヤクシニ―
(樹精)
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.27cm、直しなし
       
No.g712
踊る青年
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.21.5cm
No.g713
眠る楽人
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.10cm×W.17.5cm
No.g716
蓮華上菩薩
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.9cm
特価 \80,000.-
No.g717
振り返るバラモン青年
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.22cm
       
 
No.g718
ライオン
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.39cm


SOLD
No.g725
蓮華手菩薩
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.25cm(全高)
大きなレリーフ、おそらく神変の一部。彫りが深い。
No.g727
ライオン
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.25cm

 
 
       
No.g728
寝入る楽人
雲母片岩、A.D.2-3C、H.22cm

断片ですが、上方に寝台、その上に人物や(ヤショーダラ夫人)の下部が見えます。宴の後、夫人の寝台の前で眠りこける楽人です。その夜太子は出家します。大英博物館にも有名な出家前夜の美しいレリーフがありますが,彫刻のすばらしさとしてはこの作品もひけをとりません。 修理無
No.g729
蓮華座上菩薩交脚坐像   
(観音系)
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.13.5cm
スワート出土
No.g730
仏 頭
雲母片岩、
A.D.2-3C、H.8cm
スワート出土 (?)

通常ガンダーラはギリシャ風な波状髪ですが、3世紀ごろから螺髪が流行します。マトゥラーの影響だろうと思われます。黒い石の美品です。
       
No.g731
ヴァジュラパーニ
雲母片岩、A.D.2C、H.12cm
ガンダーラ中心部出土

仏陀に近侍して立つボディーガードが執金剛神です。日本に来て仁王尊となります。ギリシャの神バッカスやヘラクレスの姿を借りて作られました。頭に月桂冠らしきを巻いていますので、シレヌスでしょうか。
No.g732
仏 頭
ブロンズ、A.D.5-7C、H.5.8cm、スワート出土

スワートのマツタから 、テラコッタのこの顔の仏頭がよく出土します。同時期のものと思われます。全身はかなり大きなものだったでしょう。美頭です。

No.g733
三宝標礼拝
緑泥片岩、A.D.1-2C、15cm×18cm、
スワート出土

古拙な 彫刻です。ギリシャ・ローマの影響の前の作でしょう。仏陀のかわりに   三宝標を礼拝しています。もしかすると仏陀を人間として表現する前、すなわち無仏時代の作品かもしれません。 
No.g734
有翼アトラス
雲母片岩、A.D.2-3C、H.20.5cm

ギリシャのアトラス神がガンダーラではよくストゥーパ(仏塔)を支える力持ちとして使われます。非常にギリシャ的な力強いアトラスです。
       
No.g736
観音菩薩の手
雲母片岩、A.D.2-3C、H.12.0cm

観音菩薩の立像だったのでしょうか。右手に蓮華を持っています。
 
特価 \80,000.-
No.g740
弥勒菩薩
雲母片岩、A.D.2-3C、H.13cm、スワート出土

髪の毛を垂らした弥勒。通常弥勒は髪飾りはつけませんが、髪を花で飾っています。口ひげをつけています。鼻に直しあり。
No.g744
菩薩頭部
雲母片岩、H.9.5cm、
A.D.2〜3C
金箔残

特価 \40,000
No.g746
弥勒菩薩胸像
雲母片岩、H20.5cm
A.D.2〜3C
       
 
No.g747
托胎霊夢
緑泥片岩、
H13.5cm
A.D.1〜2C

 

No.g748
ナーガ王

雲母片岩、A.D.2〜3C、
H.15.0cm
 No.g749
弥勒菩薩

雲母片岩、A.D.2〜3C、
H.11.0cm

SOLD
 
       
No.g751
仏頭

雲母片岩、A.D.2〜3C
H.7.0cm
No.g752
花を持つ少年
雲母片岩、A.D.2〜3C、H.9.0cm

SOLD 

No.g753
ターバン飾の貴人
緑泥片岩、A.D.1〜3C、H.8.0cm

特価 \80,000.-
No.g757
仏手
雲母片岩、A.D.2〜3C、H.10.0cm

SOLD
 
No.g761
シタールをひく
楽人

雲母片岩、A.D.2〜3C、
H.13cm
\120,000.-
No.g762
仏手
雲母片岩、A.D.2〜3C、
H.9.5cm

\50,000.-
No.g763
祈る梵天
雲母片岩、A.D.2〜3C、
H.18cm
仏陀の光背の一部。
美品。鼻修理。
 
No.g764
出家前夜
雲母片岩、A.D.2〜3C、
H.8cm
正に出家せんとする釈迦。
背にはヤショーダラ。太子の顔欠損。
No.g768
ライオン
ストゥッコ、A.D.3〜4C、H.6cm×W.7cm、割れあり

SOLD
No.g769
バラモン仙人
雲母片岩、A.D.2〜3C、H.10cm
No.g770
ヤクシニ―(樹精)
雲母片岩、A.D.2〜3C、
H.22cm

 
No.g771
マーラ
雲母片岩、A.D.2〜3C、
H.19cm


マーラが魔衆を連れて成道しようとする仏陀におそいかかる降魔成道の場面の一部断片です。マーラの上に猿。左にいるのはマーラの息子でしょう。すぐれた美しい彫刻です。石は酸化して赤味をおびています。
No.g772
蓮華手
ストゥッコ、A.D.3〜4C、
H.14cm×W.14cm


手の中に未敷蓮華を持つ観音菩薩のおおきな手です。ほとんどが花の開いた花ですが、未敷がときどきあります。有名故人の所蔵だったものです。

 
No.g773
菩薩
雲母片岩、A.D.2〜4C、H.12cm


光背がありますので、ボサツでしょう。花綱を手に持っています。花綱を持つ菩薩はあまりありません。めずらしい図柄です。
 
No.g774
仏陀坐像
象牙、A.D.3〜5C、H.11cm、
バジョール出土


円筒型の象牙蓮華坐の上に仏陀が座り、その廻りに木々があり、鹿、猿、牛(?)がひざまずいています。深山で瞑想する仏陀でしょう。このような仏陀のまわりに動物のいる図は、インド本土・中国・日本ではよくありますが、ガンダーラではほとんどありません。私の知る限り初めてです。バジョールは後期ガンダーラに属します。この種の動物とともに描かれる仏陀の図の最初期でしょうか。
No.g776
女人の出家(?)
雲母片岩、A.D.2C、H.15cm×W.20cm

中央に釈尊。左に女性が4人。右に男が3人と比丘。女人の出家、当初は女性の出家は許されていませんでしたが、アーナンダ(?後から顔を出している比丘)が釈尊を説得して、釈尊の養母マハプラジャパティーが第1号となります。この話のレリーフは世界でも数えるほどしか出ていません。この話だとすると非常にめずらしい話です。シャープな素晴らしい彫刻です。
No.g778
弥勒菩薩
雲母片岩、A.D.3〜4C、
H.24.5cm


典型的な弥勒の美品。
No.g779
菩薩頭部(?)
ストゥッコ、A.D.3〜4C、
H.17.5cm

断片ですが、彩色も残し、とても美しい像です。

SOLD
No.g780
バッカス頭部
雲母片岩、A.D.2C、
H.15cm

葡萄のつるを頭部に巻いていますので、バッカスです。ヴァジラパーニ(執金剛神)だったのでしょう。ギリシャ・ローマそのものです。
No.g781
仏頭
ストゥッコ、A.D.3〜4C、
H.13.7cm、ハッダ出土

厳しい、引き締まった表情です。平山コレクションに類似品あり。
 
No.g783
弥勒菩薩手
雲母片岩、A.D.2C、
H.16cm
 
No.g784
クベーラ
(比沙門天)

ストゥッコ、A.D.4〜5C、
H.10cm、
スワート出土(?)

頭部に鳥の翼を戴いていますので、クベーラです。これほどはっきり鳥の形が分かるクベーラは少数です。
No.g785
仏陀頭部

テラコッタ、A.D.4〜5C、
H.6.7cm、
マッタ(スワート)出土

後期5世紀ぐらいの完成された形。スワートブロンズの原型。

SOLD
   
No.g786
仏陀仏頭
ストゥッコ、A.D.3〜4C、
H.15cm

髭がハッキリと表現してあります。当時この髭に黒色が塗られていたと思います。
断片ですが、美しい仏頭です。


\90,000.-
 
No.g787
仏頭
ストゥッコ、A.D.4〜6C、
H.6cm、スワート出土

スワートのマッタという所から時々出ます。すごく高価なスワートブロンズと、全く同じ顔をしています。スワートブロンズの先駆けです。

特価 \50,000.-
   
 
 
 
商品画像をクリックすると、より大きなサイズでご覧いただけます
       
前のページ   1      次のページ
 
 Copyright(C) 2005 Eurasian-Art Inc. All Rights Reserved.